毎日の食事を宅配でまかなう宅配ライフを比較

>

家で食事を作ることが少なくなっている現代

昔と違って家で料理を作らない

やはり一番変化したことは最近の家庭は家で料理を作る人の割合が確実に減っていることが挙げられると思います。
理由として一番の点は共働きの家庭が近年急速に増加し、専業主婦というのが古い考えになってしまったことが大きく、男性と同じくらい社会で仕事をこなしている人に食事を毎日作る余裕ははっきりいってないと思います。
そうすると堅実的な家庭ではご主人が厨房に立つようになり、男が料理を作るということに変化してきます。
あるいは交代制ということにもなるでしょうか。
あと原因としては、外食産業が発展しているために外食で済ませる人が多くなったこと、さらにコンビニやスーパーの惣菜売り場で主食になるものがすでに売られていることが普通になりそれを買って帰って済ませてしまう人も多いことも原因としてあります。

スーパーコンビニで出来上がったものを買う

実際、最近のコンビニやスーパーの惣菜の技術はものすごく進化していて主食となるメニューがものすごく充実しており、この内容だったら家に帰って作るまでも無いという内容になってきているので、わざわざ忙しいのに材料から買って家で調理しようと考える人が少なくなってしまったのが大きな原因と考えられます。
しかも内容も味の方も昔とは桁違いに上質になっており、価格は多少高めですが時間を買うという考え方で面倒ではない方を選択する人が非常に増えているのではないかと感じることが多いです。
するとおのずとキッチンに立つ回数は減ってしまい、料理をいつの間にかしなくなっている問い人が多くなっていくわけです。
これも家族でそろって食事をする家庭が減った理由のひとつではと考えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る