毎日の食事を宅配でまかなう宅配ライフを比較

>

食事を宅配で済ませる食事宅配ライフを比較

昔と現在の食生活のスタイルの大きな変化

最近の日本人の食生活は一昔前と比べてずいぶんと変わってしまったように思いますが、これには時代の変化もありますし、最近叫ばれている日本人の食生活の欧米化に伴ってここ数十年で大きく変化したものと感じます。
まず大きいのは昔の食事は和食がほとんどの米中心の食生活でしたが、最近はパン食や洋食などの外国の食文化が入ってきたことによって様変わりしてしまったように思います。
するとどうしても以前の魚や野菜中心の食事ではなくて肉類主体の食事に変わってしまって、昔に比べて成人病の確立が上がったという統計もあります。
このように急速な食生活の変化は我々の健康そのものにも影響を及ぼしており、最近になって昔の食事が見直されているといった動きもあるそうです。

昔は家庭で手作り今は外食か出来合いのもの

昔の食事といえばお母さんが三食きちんと作ってくれた食事を家族全員で囲んで残さずキチンと食べるということが当たり前でしたが、現在は外食産業がものすごく昔に比べ増え、出来合いのものもあまるほど世の中にあふれているため、家族の食事もみんなそろってという形ではなく、外で済ませてくるか出来合いのものを買ってきて食べるというように大きく変わってしまいました。
これには核家族化が進んだことによって家族の人数が減ってしまったこと、また近年多くなった共働きの家庭が急増したことで主婦が料理を作らなくなったというのが一番大きな理由として挙げられるのではないかと思います。
こうしたことも日本人の食生活のスタイルの変化に現れているのではないかと思われます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る